階から胃薬

皆様、「地階から胃薬」をクリックしていただきありがとうございます。 このコーナーはルースター総支配人による不定期更新のコラムです。 ルースターの事、総支配人の事、出演者の事、お客様の事をはじめ、 ルースターにまつわるいろんな事柄をご紹介しております。 お茶でも飲みながらゆっくりとご覧くださいませ。

むさしのエフエム。

2019年10月6日(日)

吉祥寺のコミュニティFM「むさしのFM」に毎月第一日曜日、荻窪ルースターの出演者がゲスト出演する番組があります。

「吉祥寺サンデーカフェ」内の「ミュージックウェーブ」というコーナーです。

本日、10月6日(日)、13時30分から30分。

本日のゲストは?

永野寛子さん。



ちなみに当店では10月15日に「70〜80年代懐かしの歌謡曲ライブ」 があります!

永野さんはどんな人?

是ほFMを生で聴いて見て下さいませ。

パソコンやスマホなどで聴くことができますよ。

■むさしのFM
http://www.musashino-fm.co.jp
■サイマルラジオ。ここで無料で聴けます。
http://www.jcbasimul.com
■スマホ対応 TUNEIN RADIOでも聴けます。
https://tunein.com/radio/Japan-r101255/

ページのトップへ

10月はサカイさん。

2019年10月1日(火)

今月10月は「サカイシステム」。
ルースター本店でサカイさんは2杯目が無料になります。
全国のサカイさん、お待ちしております。

ページのトップへ

朝ドラのパワーを夜にもどうぞ。

2019年10月1日(火)

ここ数年、朝ドラを観ています。

朝ドラは多くの方は通学や出勤前に朝ごはんを食べながら楽しんでいるのではないでしょうか?

ご家庭によっては食べながらテレビを観てはいけなかったりもしますけど。

私の場合は録画なのですが、朝ごはん(私は朝に寝るので起きるのはお昼だったりしますが)を食べながら。

昨日から始まった「スカーレット」で101作目。

でも?

いったい朝ドラっていつからやっていたのだろうか?

そう思って調べてみると…。

1作目は1961年の「娘と私」。

テレビのカラー放送が始まったのが前年、1960年だったそう。

で、テレビの普及率は1963年で88.7%。

これはもう翌年の東京オリンピックを自宅で観ようという勢いがあったのではないかと推測するわけです。

私はいつから朝ドラを観ていたのだろう…。

覚えているのは1972年の「藍より青く」。

そして1974年の「鳩子の海」。

世界中で放送された「おしん」は1983年だけれどもこの頃、朝ドラは観ていなかったっけ。

何れにせよ、今、私にとって朝ドラは「よし、今日も頑張るぞ」という気持ちを作るためにあるような時間です。

いわば、朝の準備体操のようなものかもしれません。

ん、朝の?

おっと、そうでした!

朝野純さんと鶏さまKINGSによる「60〜80年代大ヒット洋楽・邦楽まつり」がもうすぐあるではありませんか!

私はベースを弾いておりますが、このバンドのボーカリストは6人。

それぞれがそれぞれの持ち味でいつも本当に楽しい時間になっています。

ぜひ全員を体験していただきたい!

まずは10月4日、ルースター本店でお待ちしておりますぞ。

純って名前なくらいですから、そりゃもう純なお人です。

ちなみに「純」は辞書によりますと?

まじりけや偽りのないさま。人柄や気持ちがすなおで、けがれたところがないさま。

私も純さんの歌で心を洗おうと思います。

ページのトップへ

おかげさまで22周年。

2019年9月17日(火)

なんだこれ!

スーパーで山済みになっているカップヌードルのデザインがいつもと違うぞ!

「およよ!」

HAPPY BIRTHDAY 9.18って書いてある!

よく見るとカップヌードルは48周年なんだ。

実はですねー。

当店ルースターは9月18日に22周年なのでありますーーーー!

そうか、カップヌードルと誕生日が一緒だったのか!

そういえば以前、テレビでやっていたけっけ。

チキンラーメンが伸び悩み、会社の存続が危ぶまれた。

そこで社運をかけて画期的新商品を開発することにした。

それで誕生したのがカップヌードル。

ところが!

最初は全く売れなかった。

「インスタントラーメンは袋麺の方が安いのにわざわざ3倍も高いカップ麺なんて誰も買わないよ」。

そういう評判だった。

しかし「必ずニーズはあるはずだ」と社長は社員を焚きつける。

今のようにコンビニもないので、夜中の仕事をしているタクシー会社に売り込みに行ったり、自動販売機にしてみたりと奔走。

多少は売れたものの大きくなった会社の存続の手助けになるまでには全く至っていない。

もはやこれまでか!

そう思う社員が多くなる中、カップヌードルが日本中にニュースとして知られる。

1971年、銀座の歩行者天国で販売を行い、4時間で2万食を販売。

「歩きながら食べている!」

この衝撃映像がテレビニュースになった。

そして翌年の1972年、あさま山荘事件が起きた。

凍るような寒さの中、機動隊員がカップヌードルを食べる場面が生中継されたのだ。

おっと、またもや長くなってしまいました。

今や当たり前となったカップ麺ですが、知られなければ誰も買わなかったのですね。

そういえば、25年ほど前でしたか、私はこのカップヌードルの会社がやっていたライブハウスの宣伝を担当しておりました。

雑誌「ぴあ」でカラーのスケジュール広告などは見覚えのある方もいるかも。

そして22年前の9月18日、荻窪に小さなライブハウスができました。

本当に誰にも知られていないオープンでした。

それからというものずっと失敗、反省の連続です。

ところが、最近は地方などに行っても当店のことをご存知の方にお会いする機会が増えました!

これには本当に驚かされます。

皆様のおかげですね。

カップヌードル は48周年。

当店は22周年。

その差は26年。

当店ルースターが48周年の時、私は83歳か。

なんとかやれたらいいな。

ああ、でも店の知名度、もっと上がらないかなあ。

立てこもり事件以外で。

ページのトップへ

荻窪5丁目にビアバー誕生す。

2019年9月14日(土)

つい先日のこと。

当店のドアを開けてどなたかがやってきました。

ウエイトレスが迎えたのですが、なんだかお客さんではない様子…。

どうやら私に会いに来られたっぽいぞ。

「むむ? 誰だろう…」。

いわゆるスーツの営業マンではない。

そこに立っているのはカジュアルな服装に身を包む、にこやかな男性だ。

消火器でも売りにきたのだろうか…。

「はい。いらっしゃいませ」と私。

「あ、ご挨拶が遅れまして、実は私、すぐそこでビアバーをオープンしたのでご挨拶に伺いました」。

「あらま、そうなんですね」。

場所は荻窪駅西口から当店を通り越すと左に下り坂があるのですが、そこを下ったところ。

本当にすぐそこだ。

当店、ライブ中につき、会話することもままならぬ。

そこで「後で伺いますね」とお伝えしました。

その晩。

「まだやってるかな。よし、ちょこっと行ってみよう」と初訪問。

店の名前は、Beer Bar Asyle(ビアバー アジール)。

こじんまりとはしてるけれど、雰囲気は素晴らしいぞ。

大画面テレビで野球が映し出されている。

けれど、それよりも私が目についたのはポスターだ。

ジギースターダスト、THE WHO、コルトレーン、ストーンズ等々…。

こりゃ、音楽好きなマスターだな。

ちょうどお客さんが帰られるところだったので、タイミングを見計らってお話を伺いました。

マスターは40代半ばで飲食業界に長く勤めておられたお方。

自分でお店をやろうと決断し、偶然、荻窪に空き店舗を見つけたのだそう。

荻窪に住んでいるわけではないそうですが、当店にも以前、ライブを聴きに来られていたそう。

ありがたいことです。

さてさて、当然ながら、このアジールさんの魅力はビアバーゆえ、なんと言ってもビール。

どれどれ?

「ウヒィー〜!」

滅多に出会えない、TECATE(メキシコ産)があるではあーりませんか!!

コロナはなく、TECATEかあ。

TECATEは、あのマニー・パッキャオとフロイド・メイウェザーの試合をはじめとするボクシングの試合のスポンサーとしても有名。

リングアナウンサーのマイケル・バッファーさんやジミー・レノンジュニアさんが試合前に毎度紹介しているのでもうずーーーっと前からボクシングファンにはおなじみなのだ。

でも日本での知名度は残念ながらイマイチ。

ムムム、ちょっと待てよ!

全然ビール通ではない私が驚くビールがあると言うことは?

「うおー、そうか!」

このお店にあるビールは珍しいものがいっぱいあると言うことかも知れない。

ちなみにアジールさんのメインのビールは「ガージェリー」。

しかもフルラインナップだそう。

ガージェリーは酒屋では売っていない国産ビールで、選ばれしバーなどでしか飲めないのだとか。

「うーむ、こだわりの本格派だ」。

まあ、私はTECATEで十分ありがたいけれど。

マスターは第一印象通りの気さくな方でした。

荻窪では当店側のエリアにはこういうバーがないのでビール好きには喜ばしいかも。

それに長年の飲食店勤めの経験からブラックボードのフードメニューにもこだわりが感じられる。

いやいや、素晴らしいバーができたものだ。

しかーーーーーーーし!

ここ場所がよくないのだ。

絶対、誰も通る用事がない道なのだ。

せっかくいいお店ができたというのに、この場所では明らかに不利だ。

聞けば、「このビルって、5年前にできたらしいんですけど、私の店ですでに3軒目なんだそうです」。

ちょっと不安そうにマスターは語りました。

そうかあ、流石にこの場所だしなあ…。

でもきっと大丈夫!

これまた当店のすぐそばの隠れ家定食屋さん「テンポラネオ食堂」さんもそうだった。

「こんな人の家の門を入った奥にある場所で定食屋なんて大丈夫かな…」。

と思っていたらよく「本日は売れ切れました」って表示が出ちゃってますもの。

正直者は報われるべきなのだ。

だからぜひ頑張って欲しいのであります!

って書いてからふと思う。

「当店こそ不安だーーーーーー!」

ページのトップへ

本日のライブは中止になりました。

2019年9月8日(日)

今夜9月8日、オールマン・ブラザーズ・バンド・トリビュートを予定しておりましたが、台風の接近に伴い、中止とさせていただきます。

また、来月13日にオールマントリビュートがございます。

ページのトップへ

現役は何歳まで。

2019年9月6日(金)

先日、あるコンビニのレジでマダムが店員さんにこう言っていました。

「そこのコロッケくださる?」

店員さんが「おいくつですか?」と尋ねると…。

「え? 私? 71になりました」。

「!!!!!!!」

ここからが素晴らしい。

「えー、そうなんですね。もっとお若いかと思っていました」。

「まあ、お上手ね」。

「コロッケは何個ご入用ですか?」

「そうね。3ついただけるかしら」。

そのマダムは私が見てもとても71とは思えない若さでした。

若いと言えば、沢田研二も71歳。

うーむ、71って結構いってる感じがしてたけど、もはやそうでもないのかな。

私は71歳まであと14年か。

よーし、頑張るぞ!

9月10日、沢田研二トリビュートです。

私はベースを担当。

めちゃ盛り上がりますので、ぜひご予約をお待ちしております。

■9/10(火) 荻窪ルースター本店

沢田研二トリビュート
OPEN 19:00 START 20:00 CHARGE:3000円
藤原MAX正紀(vo) with 鶏さまKINGS:長澤紀仁(g) 赤石香喜(pf) 岩佐真帆呂(sax) マツモニカ(hrm.cho) ぶちかま志郎(b) 大西英雄(ds)
シングルヒット満載!みんな大好き、ジュリーのナンバーをどどーんとお届けします。

ページのトップへ

古い胃薬。まとめ飲み


ページのトップへ