階から胃薬

皆様、「地階から胃薬」をクリックしていただきありがとうございます。 このコーナーはルースター総支配人による不定期更新のコラムです。 ルースターの事、総支配人の事、出演者の事、お客様の事をはじめ、 ルースターにまつわるいろんな事柄をご紹介しております。 お茶でも飲みながらゆっくりとご覧くださいませ。

未来は来たのか?

2012年1月6日(金)

明けましておめでとうございます。

皆様はどんなお正月をお過ごしでしたでしょう?
しかし、2012年とはこれまたものすごいですね。
え?
いやいや、2012って響きがすごい未来な感じがしちゃうんです。

1962年生まれの私としては幼少時代は2000年なんて車が空を飛んでいるのではないかと思っていました。
でも2000年じゃなくて2012年ですから、もっともっと未来です。
家事はロボットがやって人間はものすごく楽にしていられる、いやいや月まで旅行なんて行けるくらいにはなっていそうな気がしました。

なりませんでしたね。

でも、たしかに進化はしています。
音楽はCDから配信になりましたし、YOUTUBEとかでいくらでも聴くことが可能です。
ただ、生演奏ってのはどうにも変えようがないですよねー。

そのうちバーチャルで目の前にいるような感覚で家でライブが聴ける時代も来ないとも限りませんが、うーん、やっぱり現場に行くのとは違うでしょうねー。

今年も生演奏の楽しさをお届けしていきます。
どうぞよろしくお願いします。

あ、未来は生演奏は無くならなくとも、現場まではどこでもドアで行くってことになるかもしれませんねー。

ページのトップへ

インタビュー。

2012年1月7日(土)

「音楽人」というスタジオ検索のサイトがあります。
ここに「先輩音楽人に聞け」というインタビューページがあるのですが、実は私、このインタビューを受け持っていおります。

その第9回目は米米CLUBのギタリスト、得能律郎さんにお話を伺いましたぞ。
得能さんは自分でエフェクターを作ってしまう人なのですが、今回はエフェクターの魅力について聞いてみました。
お時間がありますれば読んでみてください。

それと2月8日には当店、ルースター本店で演奏しますのでそちらもぜひぜひ。
★2月8日(水) 荻窪ブルースフェスティバル CHARGE:2800円
荻窪ルースター本店にて
松川純一郎(vo.g) 森園勝敏(vo.g) 小安田憲司(vo.g) 得能律郎(vo.g.from米米CLUB) 藤倉嗣久(vo.g) 尾形慶次郎(b) 小野秀夫(ds)

■得能律郎(とくのうりつろう)
1959年8月10日生まれ。ミュージシャン。米米CLUBのメンバー(ギター、キーボード)。
血液型はO型。米米CLUBメンバーとしての活動は、「ジョプリン得能」名義で行っている。
最近は自身でエフェクターを製作、「MJT.」というブランド名で販売もされている。

■音楽人 http://ongakujin.com/

ページのトップへ

ネットラジオの63回目。

2012年1月11日(水)

荻窪ルースターポッドキャストは、 DJロマーリオこと私、ルースターのマスター佐藤ヒロオが、ルースターに出演する豪華ミュージシャンから、収録に偶然居合わせた方々までをゲストに迎えてお届けしています。
その第63回目となる今回は、トリニダード・トバゴ出身のスティールパン奏者、トニー・グッピー さんに登場していただきました。
当店では都筑章浩プロジェクトのフロントマンとして演奏していただいております。

スチールパンって何?

そんな方のためになんとライブのYOU TUBEも載せてみました。
下記のページに飛べばすぐに聴くことができます。
■荻窪ルースターポッドキャスト
http://ogikuborooster.blog137.fc2.com/

ページのトップへ

ブラジル音楽のギタリストのお話をどうぞ。

2012年1月13日(金)

荻窪ルースターから配信しているインターネットラジオのひとつにずばり、「プロミュージシャンが教えるプロミュージシャンになる方法」というタイトルの番組があります。
これはルースターの出演者をゲストに迎え、『どうやってプロになったのか?』『どんな仕事をしているのか?』をインタビューしていくものです。
その22人目となる今回のゲストはギタリストの長澤紀仁さんが登場。
ブラジル音楽の世界のお話を伺いました。

http://roosterpodcast.blog135.fc2.com/

上記URLか左上のバナーから番組ページに飛べますのでお時間のあるときにでもぜひどうぞー。

■長澤紀仁(ながさわのりひと)
小学生のときに”The Beatles”を愛聴しギターを始める。ジャズギターを小泉春雄氏、細野義彦氏らに師事、ジャズ理論を鈴木宏幸氏、佐藤允彦氏らに師事する。1980年代半ば頃ブラジル音楽に出会い、そこに自らのメインフィールドを展開する。 2006年にはリオデジャネイロにおいてDurval Ferreira氏のプロデュースでブラジルデビュー。これまでに共演してきたミュージシャンは、鈴木重子、中島啓江、noon、葉加瀬太郎、吉田和雄、hiro(ex:Speed)、島田歌穂、岩崎宏美、chie 、渡辺真知子、Wilma de Oliveira、Lica Cecato、西岡たかし、大澤誉志幸、すがはらやすのり、柏木広樹、など。
また、 音あそび、 Beat Boys、もにじん などの自己ユニットに参加、オリジナル曲も発表している。そして直感性と論理性が同居したギターレッスンも好評開講中。

ページのトップへ

80年代のアイドルはお好き?

2012年1月14日(土)

30代でライブハウス、荻窪ルースターを始めた私も今年は50代に突入してしまいます。
まあ、仕方ありませんが時代は変わって行きます。

ミュージシャンもおじさんはさらにおじさんになり、若者はだんだんいい年齢になってきました。

ずいぶん前から当店では70年代歌謡曲のライブを行なっていて、今月も1月28日に行います。
これ、ずごい人気なのですが、前述したように時代は変化してきています。

70年代は懐かしくてちょうど良いはずだったのですが、昨今は80年代も懐かしいというミュージシャンも進出してきているのであります。

そういうわけで、80年代もやるようになったのですが、80年代はアイドル黄金期でもあります。

そこでアイドルを専門にやるライブも思い切って始めましたぞ。

1月27日にやるライブがそれ。

このボーカルの荒井さち重さんがこれがまた面白い人で、ルースター的にはぴったり?な人材なのです。
しかもメンバーは全員女子。

時代が変わったなあと思うのはそれだけではありません。
ルースターのミュージシャンも低年齢化の波が来たかもです。

2回目となる今回はドラマーが中ノ森BANDのちいたさん、ベースはNORMA JEANだった山田直子さんが初登場。
楽しみでございますよー。

★1月27日(金) 80年代歌謡曲の夕べ CHARGE:2500円
荒井さち重(vo) 菅原潤子(g) 佐々木亜紀子(sax) 力石理江(key) 山田直子(b) ちいた(ds)
80年代と言えばアイドル黄金時代!全員女子のバンドで今夜は思いっきり懐かしいアイドルの歌をお届け。お気軽にどうぞ。

ページのトップへ

ホトケ&コテツ&ヤンシー。

2012年1月16日(月)

やっと実現するライブがあります。
永井ホトケ隆(vo.g) KOTEZ(vo.hrm) YANCY(vo.pf)
の3人によるライブです。
ご存知の方もいらっしゃるでしょう。
そもそもKOTEZ&YANCYという二人組が1997年から100週間連続でルースター本店に出演しておりました。
で、何年か前からウエストロードブルースバンドのボーカルでもおなじみの永井ホトケ隆さんとYANCYとのDUOで当店に出演しております。
この合体がホトケ&KOTEZ&YANCY。
このトリオでのライブはルースターでしか実現していないもので、ルースターの周年企画として年に毎年9月に1度だけ行なっていました。
ところがです!
昨年は9月21日に行なう予定が、なんと台風で電車がストップしてしまったのです。
みなさんもご記憶にあると思いますがあの日でございました。
ゆえに、延期となったのですが、やっと1月25日に実現ということに。
ぜひ皆様お見逃しなく!

ページのトップへ

ルースターポッドキャスト。

2012年1月21日(土)

先日、ギラ・ジルカさんがやってきてくれました。
ギラさんはジャズシンガーではありますが、数々のCMソングやナレーション、ジャズフェスの司会ほかで名前は知らずともその声は日本人なら何度も耳にしているはずなお方。

せっかく来てくれたので、「ギラさん、ネットラジオ出ますか」って聞いたら、快く了承してくれちゃいました。
というわけで荻窪ルースターポッドキャスト第64回目はギラ・ジルカさんでございますー。
以下のURLで聴けますよ。
http://ogikuborooster.blog137.fc2.com/

■ギラ・ジルカ GEILA ZILKHA
イスラエル人の父と日本人の母を持ち、神戸で生まれ育つ。
英語と日本語を自由に使いこなすヴォイスキャラクターが各方面から期待を集めている。
小田和正や今井美樹のヒット曲を日本語歌詞を生かして英訳したものを、カヴァーソングアルバム"SONGBOOK"に提供。インターナショナルなエッセンスと、母国語である英語と日本語がブレンドした音楽を目指す。数多くのCMソングやナレーションでその声を誰もが知らずと聴いている。

ページのトップへ

奇跡は2度ある。

2012年1月30日(月)

ここだけのお話ですよ。
ジョニー・ウィンターが再来日するかもっすー。

残念ながら昨年は番外編でZEPPになった毎年恒例のジャパンブルース&ソウルカーニバル。
今年はちゃんとホームの日比谷野外音楽堂に帰ってきます。
そのメインアクトとして、ジョニー・ウィンター再来日!

奇跡の来日と呼ばれた昨年でしたが、翌年にまた奇跡がおきるとはすごいことです。
例によって詳細はM&Iカンパニーより発表がありましたらアップいたします。

おそらくこの日程か?
5月26日(土) 東京 ZEPP東京
5月27日(日) 東京 日比谷野外音楽堂

ページのトップへ

胃薬服用メニュー


ページのトップへ