階から胃薬

皆様、「地階から胃薬」をクリックしていただきありがとうございます。 このコーナーはルースター総支配人による不定期更新のコラムです。 ルースターの事、総支配人の事、出演者の事、お客様の事をはじめ、 ルースターにまつわるいろんな事柄をご紹介しております。 お茶でも飲みながらゆっくりとご覧くださいませ。

ブルースバーでの正しい飲み方。

2010年10月5日(火)

渋谷にあったブルースバー「BLUE HEAT」が昨夜、四谷3丁目に移転オープンいたしました。
以前よりスペースは1.5倍、防音完備の地下1階。
ステージも広く、ドラムセットもフル装備。
いやー、めでたいことでございます。
なにしろ渋谷の時代は木造の2階。
音量制限が厳しかったですからね。
さて、いよいよ昨日からオープンということでちょこっと行ってみたのでありますが、実に感慨深いものがありましたので書き留めておこうと思います。
私は最初のお客さんとしてカウンター席中央に座っておりました。
徐々にお客さんが増えて行くのですがいずれもおじさん。
しかもみんなひとりでやってきます。
記念すべきオープンの日であるのにどのお客さんもほとんど会話がありません。
みんなただ黙々と飲むだけ。
追加のオーダーのタイミングは大きめにかかるBGMのブルースの曲が終わり、また次の曲が始まるわずかなタイミングを狙います。
私はなぜかそれがとっても面白くてわざと誰ともしゃべらず、ひたすらマスターの動きを見つつ飲んでおりました。
その時です。
私のふたつ右隣に座ったおじさんが「たこやきなんかできるの?」とマスターに聞きました。
そもそもブルースバーですから渋谷の時代から食事メニューは豊富ではありません。
移転してみたら「ガスレンジは使用してはならぬ」ということだったらしく、カウンター内にはオーブンレンジを導入されている様子。
マスターは「たぶんね」と返事をするとおもむろに電子オーブンレンジの取扱説明書を読み始めるではありませんか。
私は笑ってしまいました。
観念したのかおじさんは「チーズにします」とぽつり。
お客のおじさんたちはみんな一様にお店に気を遣いつつ、ただひたすらに黙って飲む。
そしてかかっているBGMに小声で「いえーい」と反応し、遠くを見つめる。
これぞブルースバーでの正しい飲み方なのかもしれません。
そういえば、ブルースバーのマスターで饒舌な人ってこれまで会ったことがありません。
その意味ではブルースに限らず、バーをやるってすごいことだなと改めて私は思うのであります。
なぜって?
私ならカウンター越しに笑いを取らずにはいられなくなりますもの。

ページのトップへ

あかね隊長しゃべる!

2010年10月8日(金)

荻窪には駅ビルのようなものがあります。
ルミネ、西友、そしてタウンセブン。
このタウンセブンはいわゆる専門店の集合ビル。
しばらく改装工事をしていたのですが、よいよリニューアルオープンしたので覗いてきました。
やっぱり改装後はどのフロアもとってもきれいですなあ。
用事もないお店に入っては、まんまと衝動買い。
こういう効果がばっちり私にも現れました。
さて、リニューアルといえば当店のメニューも新しくなりましたよ。
でもってネットラジオでメニューの解説をしておりますー。
ひさびさの「荻窪ルースターポッドキャスト」アップです。
ゲストは当店のスタッフ、あかね隊長であります。
ぜひ聴いてみてくださいね。

ページのトップへ

間違って売れれば。

2010年10月17日(日)

いえーい!
私の著書「絶対に盛り上がるライブステージング術」の順位がアマゾンでまた浮上してきましたぞ。
ポピュラー音楽部門で2位になってます。
感謝感激ですね。
しかし、すごいタイトルっすよね。
なにしろ絶対に盛り上がるって断言してしますしね。
まあ、でも読んでちゃんと実践すれば本当に「絶対に盛り上がり」はしますよ、これはまじで。
基本的にライブをする人にはジャンルに限らずみなさんに読んで欲しいくらいです。
ただし、どうもロック系の一部の人とかが読むと「そんなの関係ねーぜ」と思われちゃうケースがあるみたいです。
これはそもそも自己満足のようなライブをされている方には聴いている方を本当に意味で「お客様」と認識されていないということがあると思われます。
たとえば「今日の客はのりが悪いな」とか「わかってくれるやつがいればそれでいい」とか言う人はそもそも聴いている人をどこまでお客様と思っているのか怪しいものです。でもそういうことを平気で言っちゃう人、世の中にけっこういたりしそうですよね。
そういう人にもぜひライブステージング術の必要性を知っていただきたいっす。
この本が爆発的に売れて日本中で浸透すればライブハウスは絶対に面白い場所になるのですが。
間違って売れまくらないかなあ。

ページのトップへ

胃薬服用メニュー


ページのトップへ