階から胃薬

皆様、「地階から胃薬」をクリックしていただきありがとうございます。 このコーナーはルースター総支配人による不定期更新のコラムです。 ルースターの事、総支配人の事、出演者の事、お客様の事をはじめ、 ルースターにまつわるいろんな事柄をご紹介しております。 お茶でも飲みながらゆっくりとご覧くださいませ。

ジェフ・ベックを呼ぶ。

2017年2月1日(水)

すっかり2月ですねー。
2月になりますと?
そうです。
ルースター本店のサイトでは来月、3月のスケジュールを見ることができるのであります。
実は1997年の開店以来、最高チャージ金額の日が出ております。
諸般の事情で相談の結果、そのようになりましたが、スペシャルゲストを含めてあのメンバーでとなればうちのような狭い店ではいたしかたありませぬ。
高級なライブハウスみたいなチャージ設定ですが、あくまでその日だけです。
その代わり、つまみは300円からあります。
あ、でもあれですね。
今年はルースター20周年イヤーですから、ジェフ・ベックとかエリック・クラプトンとか呼んでみたいです。
無理ですけど。

ページのトップへ

三三七拍子の衝撃。

2017年2月10日(金)

みなさんご存知、三三七拍子。

これ、元々は応援団がやっていたもの。

それが一般的に知られるようになりました。

やった経験、あるのではないでしょうか?

三三七拍子は、ちゃんちゃんちゃん! ちゃんちゃんちゃん! ちゃんちゃんちゃんちゃんちゃんちゃんちゃん!
で手拍子しますよね?

なので日本全国、三三七拍子は三三七拍子だと思っている方が大多数。

ですが!

これは…。

実は…。

三三七拍子ではなく4拍子なのです。

「えええええええええええ!」

「なんでーーーーー!」

ですよね。

やってみてください。

三拍子の後、1拍お休みしているのです。

ですので三三七拍子の七拍子は4拍2回に分けられます。

七拍子の最初の4回の手拍子こそ、休みが無いので4拍。

後の3回の後は1拍休みであります。

楽器をやっている方にしてみれば「何をいまさら…」。

という話題ではありますが、けっこう知られていないので。

「なんだよーーー、そんな話、拍子抜けすらー!」

あ、ですよね。

こりゃまた失礼いたしましたーーー。

ページのトップへ

移転。

2017年2月16日(木)

食べログで3.62というとんでもなく高い評価がつけられているスペイン料理のお店があります。

井の頭線三鷹台にある「アエスピリトロンパ」がそこ。

なんでも今月、長野に移転してしまうそう。

ショッキングであります。

というのは、ここは当店の元スタッフである「ともちゃん」のご主人、修ちゃんがオーナーシェフだから。

16年程前だったでしょうか?

渋谷区のスペイン料理店で修行する修ちゃんが、よく仕事終わりに当店に飲みに来ていました。

彼のおかげで当時、当店でスペイン料理フェアなるものもやりましたっけ…。

で、修ちゃんは、ともちゃんと結婚!

すぐにスペインへ移住!

スペインで出産!

戻って来て三鷹台にスペイン料理店をオープン!

でもって移転!

いやー、激動の人生を送るふたりです。

厨房が見渡せるカウンター席でふたりの姿を見ながらスペインのビールをグビグビ。

包丁さばきが神だ…。

いやいや、ちょいと回って来たら、走馬灯も回ってくる。

あー、思い返せば当時、私はまだ30代だったんだー。

もう50代半ばか。

なんだか早いものだなあ…。

お、そうだ当店も食べログ載ってたっけ。

どれどれ。

むむむー。

見なきゃよかった。

ページのトップへ

私はサンドイッチ。

2017年2月18日(土)

やっと行けたー!

有楽町の「はまの屋パーラー」さんであります。

夕方6時に閉店してしまうことや、並んでいたりするのでなかなか入ることができなかったのです。

しかし、先日、銀座へ髪の毛を何しに行った際、今日はどうかなと覗くと?

空いてたーーーー!

場所はビッグカメラの向かいのビルの地下。

この界隈は昔ながらの飲食店がいっぱい。

よーし、はまの屋パーラーさん名物のサンドイッチだ!

メニューに載ってない作戦を実行してみるぞー。

名物の玉子サンドにこれまた人気のフルーツサンドをハーフ&ハーフでオーダー。

うーむ、玉子サンドだけトーストしてある。

できるなおぬし。

そんなことをしてくれる店、あるだろうか?

むむむーーーーー!

気がつけば、空いてたはずの店がもはや満席になっているぞ。

うーむ、さすがだ!

てゆうか、私、OLのみなさんにサンドイッチ状態じゃん!

うおー、やばい!

「ちょっと見て!なに、あのロンゲおやじ。ひとりでサンドイッチ食べてるし…」。

「あの歳でロンゲってもしかしてヅラだったりして…」。

「業界人かもね」。

「何業界?」

「ヅラ業界よ、きっと」。

「ウケるー」。

という声が聞こえてきそうだ。

OLのお嬢さんたちにはわからないだろうが、高校生の時、頭髪検査があったのだ。

文化祭を目の前にして、少しでも長髪にしたかった私は、その検査を先生に見つからないようにすすっと逃げたのだよ。

ところがね!

それがバレて虎刈りにされたんだ!

お嬢さん、わかるかい?

私は文化祭で虎刈りで演奏したんだ。

と、私は心の中でつぶやくと、お会計をささっとすませ雑踏へと消えて行くのでありました。

■はまのやパーラー
東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル B1F

ページのトップへ

どうなる10年後!

2017年2月20日(月)

ライブハウスというと、多くの皆さんはロック系のそれを思い浮かべます。

でも同じ数くらい、それ以外のライブハウスがあります。

たとえばジャズのライブハウス。

すごく多いのです。

当店、荻窪ルースターの場合は、ジャンルは様々。

ブルース、ジャズ、ラテン、オールドロック、歌謡曲などをやっています。

ロックのライブハウスと大きく違うのは、普通のロックのライブハウスはスタンディング。

そして一晩にいくつかのバンドが次々と出ます。

当店は、テーブル席で一晩にバンドはひとつしか出ません。

それと、当店はプロミュージシャンばかり出演しています。

でも世間で言うところのプロミュージシャンというのは、武道館でライブをやったり、テレビに歌番組などに出ている人のイメージ。


もちろん、そういう人もプロミュージシャンですが、実はプロミュージシャンには様々な種類があります。

テレビで歌っている人の後ろで演奏している人。

あの人達、みんなプロミュージシャンです。

でもお茶の間には知られていない存在かも。

あと、その昔は売れていたけれど、もう解散したバンドのメンバー達もものすごい確立で現在も演奏しています。

それとジャズやラテンなどのジャンルの方々はその世界では有名でもお茶の間では知られていません。

そういう方々もみんなプロミュージシャン。

当店はそういう方々が毎晩演奏しています。

ところが!

ちょっとこの先、心配になっているのです。

というのは、マスターをやっている私の年齢は今年、55歳を迎えることになります。

出演者の多くは還暦を超えて来ました。

そうです。

現在のミュージシャンたちはあと10年もすれば70歳になってしまうのです。

その時、当店は果たしてどうなっているのでしょう?

私はこれまでおよそ20年間、ライブハウスをやってきて、とても幸せな日々でした。

なぜなら、プロミュージシャンの最高の演奏を毎晩聴いているからです。

お客さんを楽しませることができるミュージシャンの演奏は素敵です。


しかし!

まだ存在してはいますが、その昔、隆盛を極めたハワイアンやカントリー、シャンソンなどのライブハウスの多くは消えて行きました。


これ、それらの音楽が好きだった方々の年齢が70とかになって衰退していったと思われます。

ということは?

はい、私たち、そろそろそうなってきているのです。

そもそもライブハウスの形態はまだ大丈夫なのか?


これも心配です。

音楽は無料の時代になりつつあり、著作権の会社も多様化しております。

というわけで、そろそろ何かしらの手を考えておかなければなりません。

楽しいことを継続するための手段をあらゆる方向で模索していこうと思います。

そうでないと、次の世代につなぐことができないし、10年後が心配。

NO MUSIC NO LIFEなんて遠い過去の話みたいにならぬよう、しっかりやっておきたいと思います。

ページのトップへ

ダイエット成功の巻。

2017年2月26日(日)

特に太っている私ではありませんが、それでも過去にはいろんなダイエットをしておりました。

たとえば、乗馬マシーン!

まだ売ってるのでしょうか?

それからWii-Fitでフラフープ。

100グラムダイエットというのもやりましたっけ。

でもどれもうまくいきませんでした。


2年程前のことです。

人生史上、一番体重が増加。


「やばい。もうTシャツとか着れないぞ」。

しかも健康診断では高コレステロールと診断!


まずい!


絶対にまずい!


そこで鬼のように実施したのが寝る前4時間は何も食べないこと。

これは効果覿面。


なんと5キロダウンに成功しました。


しかし!


これを維持するにはずっと寝る前4時間は食べないということを永遠に続けなければなりません。


たとえば飲み会の席。

私だけ食べない。

目の前にどーんと美味しそうなものが並んでいてもです。


まあ、これやれたはやれましたが、なんか寂しいじゃありませんか。


そう思っていた昨年10月。

私に救世主が現れたのです。

その人はかつて「中年は水を飲んでも太ります」と言っておられたお方。

なのに!

すっげーー痩せたのです。

その方法は?

じゃーーーーーん!


なんちゃって糖質ダイエット。

簡単に言えば、お砂糖は控えめにすることです。

あと、ごはんを麦飯にしたり、ローソンで売っているブランパンという糖質が少ないパンを主食にすること。


ある程度、わかってはいましたが、テレビCMでいろんなタレントさんが続々痩せている某有名ダイエットも実はそれを取り入れているそう。


「そーーーなんですか!」


このありがたいお話を私はなんと焼肉屋で聞きました。


え?



そうなんです。


焼肉はセーフなんです。


ただし、糖質はだめなので甘い焼肉のタレは使いません。


驚きました。


寝る前に焼肉食べてもいいんですって!


ヤッホーーーー!


わかれば話は早い。

普段お砂糖は使わなくなりました。


でも甘さは欲しい。

よく売っている甘味料はダメ。


そこでラカントSを購入。


これは便利。

毎日何杯もの珈琲を飲む私はすぐにこれに変えました。

スティックのもあるので喫茶店好きな私はマイスティックを持参。

それとこれ。

お酒も甘いのはやめました。


結果どうなったか?


ぶったまげーしょん!

5キロダウンしたところからさらに2キロダウンしてしまったのです。

私、もうこれ以上体重下げたらやばいくらいです。

細い女の子並みになりました。

ちなみに運動はいっさいしておりません。

ああ、これまでやってきたダイエットはなんだったのだー!

ちなみに、寝る前じゃないですけど、たまに甘い物も食べますし、脂っこいものも食べてます。

たまに食べ物の写真をアップしていますが、それくらいは全然大丈夫。

ダイエットしたい方、おすすめですよー。

ページのトップへ

ルースターノースサイドが12周年だー。

2017年2月28日(火)

ありがとうございますーーー!


おかげさまで荻窪ルースターの2号店、ルースターノースサイドがこの3月、12周年を迎えます。


でも思い起こせばオープン前は?


「2号店はやめといたほうがいいんじゃないの?」


がーーーーーーん!


そう。


2号店のオープンは誰もがそんな反応だったのです!


というのも、2号店のコンセプトは貸切ライブ専門店だったから。


「ん? 貸切専門?」


はい。

世の中、ライブハウスは星の数ほどありますよね。

その中で、貸切の表示ばかりが出ているライブハウスなんてありません。



だから、貸切専門ライブハウスなんて需要は絶対に無い!


そう思われていたのです。

たしかに、そこだけで判断すればそうかもしれません。


しかーーーし!


私が考えていたのは理想の貸切ライブハウスでした。


普通、ライブハウスを貸切するとどうなるでしょう?

そう、すごく高い金額になるのです。


理由は明確。


通常の営業よりも貸切の方が利益が低くなるのならば、どこのライブハウスも貸切なんてしたくありませんから。


ゆえに、どちらのライブハウスも貸切をすると通常営業の日を越える金額がかかる仕組みになっているのであります!


「がーん、そうなのねーーー」。


まあ、当然そうなります。


つまり、世にはライブハウスを貸切したいけど、高すぎて無理ーーーーっていう人だらけになるのです。


そこで、どうしたか!



東京で一番安く貸切ライブができるライブハウスを作ったのです!



「おおおおおおおお!」


するとどういうことが可能になるでしょうか?


はい、音楽教室の発表会もできます。


先生がバックミュージシャンをやとってもギャラが出せたりします。


おやじバンドはしょっちゅうライブができるようになります。


お金の無い学生たちだって借りられるようになります。


イベンターがイベントを開催すると黒字にできます。


普通にいろんなところでライブをしていたバンドがワンマンでやっても他店よりも大幅に安くできるし、演奏時間も何時間もとれる。


お友達のバンドと一緒にライブをすれば、貸切料金も割り勘になるのでさらに安いし、知らないバンドとブッキングされるのと違ってめちゃ楽しい。



いいことだらけですねー。



ではなぜそんな激安貸切ライブが可能なのでしょうか?


これは実は1号店、つまり荻窪ルースター本店のスタイルを2号店でも行っているからです。


当店はレストランや居酒屋のように飲んだり食べたりしながらライブを見るお店なのです。


普通のロック系ライブハウスはライブ中は誰もごはん食べていませんが、当店ではむしろめちゃ普通なのです。

2号店もこのスタイルだから貸切料金が安くできるのでありまーす。


「そうだったのか。なるほどおおおお!」



しかも!!



打ち上げだってできますし、パーティーコースみたいのもあります。

最近は、3時間のパーティーコースだけを選択して、その3時間にライブするという方式もよくございますよ。



実はですね。

ルースター本店にも昔から貸切の要望があったのです。

でも、ルースター本店は近所のお客さんも来られますし、観光でも来られます。

でもせっかく来られたのに音楽教室の発表会だったら残念。

だからなるべく普通にプロミュージシャンのライブをしていたかったのです。


そのために2号店が必要でした。

貸切ライブ専門なので2号店には最初は看板すら出しておりませんでした。

間違って入ったら「あれれ」ってなりますから。

でも案外大丈夫でしたので現在は目立たない看板はありますけど(笑)。


でも問題は荻窪に貸切ライブができるライブハウスがあるぞってどうやって知ってもらうか?

そりゃもう、私、宣伝しました。

脚が棒になるくらいに。

だって失敗したら本店もろとも終わりですから…。


でも好調というわけではありません。

なんとかなっているという状態であります。

なぜなら3号店はまったく出ないですもの。


しかしまあ、そんな中、こうして2号店、ルースターノースサイドは12周年を迎えることができます。

ありがたきシアワセと思っております。


とうわけで、ルースターノースサイドはルースターノースサイドなりの12周年イベントを行うのです。

普段、まったく交流の無い、貸切バンドが集まっちゃいます。

とんでもないことするものでございます(笑)。

ページのトップへ

胃薬服用メニュー

  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月


    ページのトップへ