階から胃薬

皆様、「地階から胃薬」をクリックしていただきありがとうございます。 このコーナーはルースター総支配人による不定期更新のコラムです。 ルースターの事、総支配人の事、出演者の事、お客様の事をはじめ、 ルースターにまつわるいろんな事柄をご紹介しております。 お茶でも飲みながらゆっくりとご覧くださいませ。

11月はフジイさん。

2017年11月1日(水)

日本の名字ランキング上位からやっている当店の名字システム。

今月11月は「フジイ」さんが2杯目無料になります。

フジイといえば、たまに私、藤井フミヤに似ていると言われます。

でも最も似ていると言われてきたのは「哀川翔」でした。

その時は髪型とメガネの感じでそう言われておりました。

もっと前は「チューヤン」。

これも髪型とメガネがそんな雰囲気でした。

ということはです。

髪型とメガネを変えれば、また違う誰かに似ていると言われる可能性は高いわけか。

つまり、ジョニー・デップだって可能姉妹なわけだ。

淀川長治にもなれるかな。

ページのトップへ

むさしのFMを聴いてください。

2017年11月2日(木)



吉祥寺のコミュニティFM「むさしのFM」に毎月第一日曜日、荻窪ルースターの出演者がゲスト出演する番組があります。

次回は11月5日(日)、13時30分から30分。

「吉祥寺サンデーカフェ」内の「ミュージックウェーブ」というコーナーです。

今回のゲストは近藤ナツコさん。

当店ではいつも、DOUBLE VOICEというグループで昭和歌謡を歌ってくださっているほか、11/11(土)には「NY気分でソウル・ファンク・ポップスな夜」というライブでも歌ってくださいます。

ライブではちょっと天然なトークも出ていますが、生放送のラジオではどうなるでしょうか?

楽しみです。

ぜひみなさま、パソコンやスマホなどで聴いてみてくださいませ。


■むさしのFM
http://www.musashino-fm.co.jp

■サイマルラジオ。ここで無料で聴けます。
http://www.jcbasimul.com

■スマホ対応 TUNEIN RADIOでも聴けます。
https://tunein.com/radio/Japan-r101255/



★荻窪ルースター本店でのナツコさん★

■11/11(土) NY気分でソウル・ファンク・ポップスな夜 CHARGE:3000円
OPEN 18:30/START 19:30
近藤ナツコ(vo) 中島カオリ(sax) ゲイブリールカプラン(g) 辻本真(pf) BJ笹井克彦(b) 高田真(ds)
近藤ナツコが渡米した際、NY在住のサックス奏者、中島カオリとセッションしたことが発端。中島カオリの一時帰国で実現するスーパーセッションです。ご期待下さい。

■12/24(日) 70年代昭和歌謡の夕べ CHARGE:3000円
OPEN 18:00/START 19:00
DOUBLE VOICE:杉原徹(vo.g) 近藤ナツコ(vo) 北川涼(g) 赤石香喜(pf) ぶちかま志郎(b) 山下欽也(ds)

ページのトップへ

うっすら見えるスカイツリー。

2017年11月12日(日)

荻窪駅西口出て左、ルースター本店方面に向かう通路の窓から線路の先にうっすらと見えるのは、スカイツリー。
日本人なら誰もが知っている観光名所。
規模は違いすぎるけれど、そういう店を作りたい。
笑われるかもしれませんが、心からそう思っています。
東京ドームではダメ。
東京ドームは誰もが知っているけれど、「今日、今から東京ドームでも行ってみない?」って会話は聞いたことがありません。
なぜなら、野球やコンサートなど目的を持って行くところだからです。
コンサート会場を小さくしたところがライブハウスだと思っておられる方は多いかもしれません。
実際、そういうお店のほうが圧倒的に多いですし。
でもそうじゃなくって、単純に「音楽を聴きながら飲もう」っていう世の中になったら素敵です。
当店ではトリビュートライブやジャズ、ブルース、歌謡曲などをやっているので、ミュージシャンを知らずに来られるお客様もおられますし、最近は外国からのお客様も増えています。
夢はそういうお客さんだらけになること。
そして世の中、そういうお店だらけになることです。
そうなればミュージシャンが生演奏で生きて行けるし。
さて、目の黒いうちにできるだろうか…。
仕方が無いので、まぶたに黒目を書いておこう。

ページのトップへ

胃薬服用メニュー

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月


    ページのトップへ