階から胃薬

皆様、「地階から胃薬」をクリックしていただきありがとうございます。 このコーナーはルースター総支配人による不定期更新のコラムです。 ルースターの事、総支配人の事、出演者の事、お客様の事をはじめ、 ルースターにまつわるいろんな事柄をご紹介しております。 お茶でも飲みながらゆっくりとご覧くださいませ。

ブルースを次代へつなごう!

2012年2月1日(水)

かつて日本では1970年台半ばにブルースブームがありました。
B.B.KINGが初来日したのが1971年。
1974年に第1回ブルースフェステイバルが開催され、アルバム「スリーピー・ジョン・エスティスの伝説」がオリコンヒットチャートに入ります。
京都・大阪からはウエストロードブルースバンド、憂歌団、ブレイクダウン、妹尾隆一郎&ローラーコースターほか、ブルースバンドが誕生し、日本各地でもブルースをやるバンドが登場し始めたのです。
以来、40年近くの歳月が流れています。


現在の日本のブルースシーンを引っ張っているのもやはり、この時代に登場された方々でございます。
さすがに40年近くもブルースをやっておられる方々ですのでそのライブの説得力はすごいものがありまして、私も毎度毎度感動しまくらちよこ状態。
幸せな気分にしていただいているのであります。
未体験の方はぜひ聴きに行ってみてくださいませ。

とまあ、それはそれでありがたいことなのですが、その大先輩たちしかブルースをやっているものはいないのか?
いえいえ、もちろんそのあとに続く中堅、そして若手もおりまして、それぞれあちこちで演奏を繰り広げてはいるのです。
しかし、どんな人がいるのか?
これってブルースマニアの方にしか知られていないのが現状です。

もちろんブルースを演奏する人は日本中に山ほどおられるでしょう。
でも、ちょいとわかりにくいお話をしますと、日本にはブルースシーン(うまい言葉がみつかりません)が存在していまして、このシーンにいないとブルースやっていると言ってもブルース愛好家のみなさんには気がつかれないという感じなのです。
逆にこのシーンにいることで九州や東北にこんな人がいるぞっていう噂は浸透いたします。

じゃあ、こういう方々はどこに生息しているのか?
はい、それは全国のブルースバーです。

うーん、広いようで狭い世界ですねー。
とは言えですね、ブルースというとシカゴブルースみたいなものだけがブルースシーンとしているわけではないのです。
デルタ・カントリー系はもちろん、ジャイブ、ジャンプ、ジャグバンド、ザディコ、ニューオリンズ系、それから町田謙介さんのように枠に収まらない方まで様々。
そして、ブルースの香りするソウル系も入ります。
つまりブラックミュージックのブルース方面がひとつのシーン、これに加え、テキサス系も…。

なんとも説明がつきにくいのですが、これらが全部、ざっくりとブルースシーンなんですね。

というわけで、当店、荻窪ルースターにもいろんな方が出演しているのですが、この度、若手を集結させてのライブを組んでみました。
それぞれがぞれぞれの現場でフロントで活躍しているのですが、彼らを集結させることで一気に横のつながりができるかなと。
それに知らなかった人も聴けるという演奏する側も聴く側もある意味でお得なライブをやることで若手の勢いもつくっていきたいなって。
ライブタイトルが「世代交代ブルースナイト」。
いやーひどいタイトルです。本当にすみません。
そうでもしないと諸先輩方から怒られないし、そこまで言うならちゃんとできるんだろーな!的な話も出にくい。
ある意味で俺たちがこれから「しっかりブルースシーン創ってまいります!という決意表明ということでございます。

たとえばブルースハーモニカの先駆者であらせられる妹尾隆一郎さんなどは多くの後輩を育てているのですが、願いはやはりブルースを広めることなのです。
ですので、若手がブルースを広めてつなげていくためにもまずは力を合わせてみようということなのですね。

出演者を見れば大先輩たちを大尊敬しているメンバー。
なので大先輩たちにおかれましては「おまえたち何やってんだよ」的にちょっとこずかれるくらいですましてもらえると願いたいです。

で、どんな人が出るかというとたとえば千賀太郎君。
彼はまだ若干21歳。
ですが、こういう経歴です。

1996年、「天才たけしの元気が出るTV」に出演、シカゴにてジュニア・ウェルズと共演。
ニューヨークにてアポロシアターアマチュア大会に出場、マンスリー、グランドチャンピオン大会にも出場。
憂歌団、上田正樹らと共演。スティービー・ワンダーより絶賛を受ける。

かつて天才ハーモニカ少年と呼ばれておりましたが、もうすっかり大人になりました。


■藤倉嗣久君はこんな人です。
(Guitar.Vo)昭和60年・東京生まれ。
14歳のとき「GIBSON BLUES CONTEST」に客演として、オープニングを勤める。
その後、入道氏・永井ホトケ隆氏に出会い様々なセッション、ライブへ参加。
鮎川誠・塩次伸二・西慎嗣・森園勝敏氏等と共演。05年からレコーディングにも参加。

■CHIHANAさんはプロフィールがここにありますね。
http://www.chihana.org/history.htm

■松井洋佑君は塩次伸二さんのお弟子さんとして当店にも来ておりました。
今は自身のバンドでも活躍していますね。

■坂野宝君は当店の2号店、ルースターノースサイドで行われているブルースセッションに高校生時代から7年間通い、いよいよ本店に出演し始めています。

■ベースの平野正和君はダウンタウンブギウギバンドの新井武士さんのお弟子さんとしてルースターにやってきて、その後ルースタースタッフを経験。最近はあちこちひっぱりだこです。

■ドラムの滑川栄さんはちょっと彼らよりも世代が上。ニューヨークでドラマーとして活躍して日本でも近藤房之助さんほかのサポートで活躍中です。


というわけでございまして、まずは最初の一歩を踏み出してみたいと思います。
ぜひお越し下さいませ。

■2月3日(金) 世代交代ブルースナイト
荻窪ルースター本店
CHARGE:2500円
19時オープン 20時スタート
千賀太郎(vo.hrm) CHIHANA(vo.g) 藤倉嗣久(vo.g) 松井洋佑(vo.g) 坂野宝(vo.g) 平野正和(b) 滑川栄(ds)

ページのトップへ

ジャパンブルース&ソウルカーニバル2012

2012年2月3日(金)

待ってましたー!
「ジャパンブルース&ソウルカーニバル2012」
ついに詳細が出ました!

★5月26日(土) Zepp DiverCity Tokyo
出演:ジョニー・ウィンター/サニー・ランドレス
開場16時 開演17時
1F 9000円/2F 10000円 ドリンク500円

★5月27日(日) 日比谷野外音楽堂
出演:ジョニー・ウィンター/サニー・ランドレス/近藤房之助/ゴトウゆうぞう/ワニクマ・デロレン&マキ/安富祖貴子
開場15時15分 開演16時
前売り 9000円

■チケット発売は2月25日!

荻窪ルースターでも本店・ノースサイド共にチケットを販売予定です。

ページのトップへ

花岡献治(vo.b.憂歌団)プロデュースユニット

2012年2月11日(土)

憂歌団をご存知でしょうか。
木村充揮・内田勘太郎・花岡献治・島田和夫の4人のメンバー。
デビューは1975年ですが、結成は70年。
そのデビュー曲「おそうじオバチャン」が放送禁止になったのは有名なお話ですね。
1998年に活動が休止されております。
76年にはスリーピージョンエスティスと日本ツアーしちゃってます。
私は1977年に出たライブアルバム「生聞59分」を聴いて好きになりました。
まー、それからずいぶん歳月が流れました。
もう2012年ですものね。

でもってこの憂歌団でベースを弾いておられた花岡献治さんが2月17日に自身のリーダーバンドではるばるルースター本店へやってきてライブをしてくれますぞ。
東京におられるみなさんはぜひどうぞー。

★2月17日(金) BLUES FROM 関西! CHARGE:2500円
花岡献治(vo.b.憂歌団)プロデュースユニット:宮井操(vo.hrm.ex.花伸) 石崎正人(g.vo) 高野秀樹(ds)

ページのトップへ

■衝撃のニュース■

2012年2月19日(日)

いつもルースターをご愛顧いただきありがとうございます。
さて、荻窪ルースター本店では今月中に限り、お会計の際に「感動しまくらちよこです」と言うと、お連れ様まで全員のライブチャージを500円オフとさせていただきます。
題して「荻窪ルースター感動しまくらちよこキャンペーン」!
ぜひご利用くださいませ。

気になる今月のスケジュール、ぜひチェックしてみてくださいませー。

ページのトップへ

ノースサイド7周年宴開催!!

2012年2月25日(土)

今日はどえらいニュースをお知らせします。

なんとルースターノースサイドが7周年を迎えるのです!!
イエーイ!

で、もってこうなったらですねー、ちょっとすごいことしちゃおうかって話にしちゃいましたぞー。
何をするってもうすごいっすよ。
最後までじっくり読んでくださいね。

まずこれをご覧ください。

■3月13日(火)@ルースターノースサイド!
ルースターノースサイド7周年記念ライブ!
〜七転び八起きの荻窪慕情〜
OPEN 19:00/START 19:30 CHARGE:1000円+オーダー
出演:SGベンチャーズ/岩崎大貴/七福人/ぶちかま志郎&左足ブラザーズ/宮之上貴昭/CHICAGO BEAT

つまり代わる代わる6組が出演するのです。
まるでロックのライブハウスみたいっすけどね。

で、この出演者です。
CHICAGO BEATというのは、KOTEZ(hrm.vo) Tuker斉藤(g.vo) 野間一郎(b.vo) 渡辺さとし(ds.vo)のブルースバンド。
ノースサイドではBAR&BLUES NIGHTで出演中。
宮之上貴昭さんは日本ナンバーワンジャズギタリストでノースサイドでは毎週水曜日、ジャズセッションのリーダーをしていただいています。
ぶちかま志郎&左足ブラザーズは私がぶちかま志郎なのですが、メンバーは白庄司孝(as)北川涼(g)斉藤あきら(p)山下欽也(d)、ベースはねもと雅子ですが、今回はトラで野間一郎が加わります。
ちなみに白庄司孝さんは月曜日のブルースセッションリーダーで、左足ブラザースに14年間在籍しています。
七福人というのはルースターでいつも酔いつぶれていることでもおなじみ、あのバーバー吉田さんがボーカルのバンドです。
岩崎大貴さんはソウル系ボーカリストで、やたろーという名前のほうが知れていると思います。
今回は元ルースタースタッフの平野まさお正和がベース、国場幸孝(絶対盛り上がるライブステージング術という本のプロモーション動画でもおなじみ)がドラムです。
で、SGベンチャーズですが、これはノースサイド店長、阿部ちゃんのバンドであります。

とまあ、これらの6組がノースサイドの7周年の宴を盛り上げるわけです。
しかーし!
今回はそれだけではありません!

なーんとチャージが1000円!
えーーーーー!
いやー、1000円ですよ。

しかも!!!
ご来場のお客様全員に衝撃のプレゼントと追い打ちをかけるようにさらに大抽選会も行うのであります!

どーですかこれ!

来なきゃだめっすよー。
なにせ、この日は本店をお休みにしてまでの覚悟で望みますのでね。
予定空けといてくださいねーーー!

ページのトップへ

「ジャパンブルース&ソウルカーニバル2012」チケット。

2012年2月27日(月)

今年は野音でやりますねー。
うれしいですねー。
しかもジョニー・ウインターは北海道から大阪までやってしまいます。
ちょっと身体が心配だけどもすごいことですぞ、これは。
さて、それらの詳細はこちら。

■JAPAN BLUES&SOUL CARNIVAL 2012

★5月26日(土) Zepp DiverCity Tokyo
出演:ジョニー・ウィンター/サニー・ランドレス
開場16時 開演17時
1F 9000円/2F 10000円 ドリンク500円

★5月27日(日) 日比谷野外音楽堂
出演:ジョニー・ウィンター/サニー・ランドレス/近藤房之助/ゴトウゆうぞう/ワニクマ・デロレン&マキ/安富祖貴子
開場15時15分 開演16時
前売り 9000円

■ジョニー・ウィンターの単独公演もありますぞ。
5月23日 大阪なんばHATCH
5月24日 名古屋ボトムライン
5月29日 札幌 ZEPP
5月30日 川崎 クラブチッタ

■チケット発売は2月25日でありました!
荻窪ルースターでも本店・ノースサイド共にチケットを販売いたします。
現在、ばっちりいいお席をごっぞり確保中。
発売日よりも遅れていますが、おそらく3月2日の金曜日には入ってきます。
「えー、じゃあマスターとっておいてちょうだいー」って方は私にご一報を。
ちなみに、大阪からの単独公演のチケットは当店では取り扱いはない予定です。

ページのトップへ

荻窪ルースター円高還元キャンペーン!

2012年2月28日(火)

いつもルースターをご愛顧いただきありがとうございます。
さて、荻窪ルースター本店では2月中に限り、お会計の際に「感動しまくらちよこです」と言うと、お連れ様まで全員のライブチャージを500円オフとさせていただきます。
題して「荻窪ルースター感動しまくらちよこキャンペーン」!
というのを実施しておりました。
ところが!
これが好評でございました。
まあ、正直に申し上げますと、お店的には「言われると嬉しい」のと、「言われてしまったー」という部分があるのであります。
でも、皆さん、はるばる自宅からお越しいただいているだけでなく、勇気を振り絞って「か、か、感動しまくらちよこです…」と言ってくださっているわけですから、こちらとしては大感謝。
それだけでなく、「3月はやらないのですか?」とまで言われています。

そーですかあ…。

よーし! そういうわけならばと3月はこのようなコンセプトで日本の景気の底上げを図ろうと思います!!!!


さて、円高ドル安と叫ばれて久しい昨今です。
1円の上げ下げで大きな損益となる企業にお勤め、または関わっておられる方々にとっては大変なこととは思います。
しかしその一方で、円が強くなるとメリットもあったりしますよね。
たとえば、海外旅行に行くと、円が高いので1ドルのものが今なら80円。
昔高かったものが安く買えるようになったわけです。
ところが!
みなさんにお伺いします。
みなさんは円高の恩恵を受けておられるでしょうか?
「そーねー、全然恩恵なんてないわね」。
「俺なんか、逆にヒーヒー言ってるよ」。
そーでしょー、そーでしょー。
ちなみに私も久しく海外に出かけていないし、輸入品なんかもあまり買うこともない。
ですので円高の恩恵みたいなものは個人的にはほとんど何もないのであります!
いやいや、恩恵どころか、世の中ちっとも景気は良くならないし、消費税だってそのうち10%って話も出ている始末!
うーむ、日本はこれではいけません。
せめて円高恩恵の気分だけでも味わえないものでしょうか。
そこで!!!!
ルースター本店にお越しくださるのも何かの縁。
常連の方も初めての方も皆さんに味わっていただいちゃいましょう!
3月いっぱい、当店でのお会計の際に「これも何かの円高ですね」と言ってくださった方はお連れ様まで10%オフとさせていただきます!
あ、いつどんな演奏をやっているのかはスケジュールをチェックしてくださいね。
題して「荻窪ルースター円高還元キャンペーン」。
ぜひご利用くださいませー!

ページのトップへ

胃薬服用メニュー


ページのトップへ